Mattを心配するあまり母親がパトカーを要請…谷原章介が「過保護です」


スポンサードリンク

2日深夜放送の「谷原章介の25時ごはん」(TBS系)で、元巨人・桑田真澄氏の息子でブライダルモデルのMattが、高校時代に自宅にパトカーが集まったたエピソードを告白した。

番組では、Mattをゲストに、司会の谷原章介が料理の腕を振いながらトークした。過去に1度も父の桑田氏に怒られたことがないというMattは、高校生の時、初めて他人に怒られたそうだ。学校規則に抵触する振る舞いが原因で学校側に説教されたそう。

落ち込みながら下校するMattは、家に向かわず街を徘徊したらしい。毎日20時までには帰宅していたが、その日は深夜まで戻らなかったそうだ。その結果、最寄り駅で降りると、5台ほどのパトカーが集結していたという。

驚いたMattは、自宅に電話すると「どこ行ってたの!」「そこに警察いるのは私のおかげよ!」と、帰宅しないMattを心配して母親が警察に連絡を入れたと明かされたとのことだ。

この逸話に、谷原は「ちょっと待ってください。警察をママが、あなたのために動かした。駅前がパトカー…。ええとね、過保護です!」と、バッサリ切り捨て、大きな笑いを誘っていた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13840011/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です