有吉弘行 占い師の仕事をバッサリ「あやふやなことを言う商売」


スポンサードリンク

25日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、有吉弘行が、占い師の仕事をバッサリと切り捨てた。

番組では、42歳会社員からのメール「『大器晩成』って言われるのですが、何歳まで待てばいいのでしょうか?」を紹介した。マツコ・デラックスは、かつては30歳でも言われたが、平均寿命が延びた現在は「50(歳)くらい? 定年が60(歳)だとするなら」と回答。

ここで、久保田直子アナウンサーが、手相占い師の島田秀平による見解を紹介する。島田によると、大器晩成の時期は手相の占い界では通常55歳くらいまで。昔は45歳くらいだったが時代とともに年齢が上がってきているとのこと。

すると有吉は「こいつらはあやふやなことを言う商売だから」と島田の見解をバッサリ。さらに「そいつらに、はっきりしたことを求めても駄目だよ。そいつらはあやふやなことを言う商売だから」と繰り返すと、マツコが「2回、言ったわよ」とツッコミを入れた。

有吉は爆笑しつつ、すぐに「島田すまん! いつも」「対占いのとき、お前の名前ばっかり出して、すまん」と頭を下げて、謝罪していた。

 

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13804755/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です