柳原可奈子がコンビを組もうとしないワケ「私よりセンスのある同性はいない」


スポンサードリンク

21日深夜放送のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、柳原可奈子がピン芸人となった理由を明かした。

番組に柳原がゲスト出演し、MCのオードリーの若林正恭と春日俊彰と共にトークを展開。若林が怒りをずっと抱えてしまうことが話題となると、柳原が「でも私、いいと思ってて」と指摘し、自身がピン芸人である理由を語った。

柳原いわく「人に対しての思いとか、人から言われたことも忘れちゃう」とか。何年経っても、相手との関係は「初対面に毛が生えた状態」のままだそうで、「人間関係が構築できない」というのだ。若林が「最初からコンビを組もうと思わなかったんだ?」と尋ねると、柳原は「まったくなかった」と即答する。

また柳原は、お笑い芸人を志した当初、「私ほどセンスのある同性はいない」と考えていたとか。「『(コンビを)組むもんか!』と思って」「そんなのいない!」と続けると、オードリーのふたりの笑いを誘った。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13783249/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です