長嶋一茂がマナー違反への注意に本音「絶対に見て見ぬふりをする」


スポンサードリンク

13日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が、他人のマナー違反に本音を吐露した。

番組では、6月に東名高速道路で発生した死亡事故を話題に取り上げた。

過失運転致死傷の疑いで逮捕された石橋和歩容疑者には、この死亡事故を誘引した容疑がかけられている。事故直前、亡くなった萩山嘉久さんに駐車マナーを注意されたことに立腹した石橋容疑者は、萩山さん一家の車を猛追し危険運転を繰り返して進路を妨害。結果、萩山さんの車を追い越し車線上に停車せざるを得ない状況に追い込み、後続のトラックと衝突させる要因を作ったとされている。

話題に関連して、マナー違反を注意できるか否かについて、出演者たちが意見を交わした。長嶋は「絶対注意しないって決めているんですよ」と断言した上で、「注意して、向こうが何かこっちに(仕掛けて)きたときに、俺やっぱぶん殴っちゃうもん」「自分の性格を知っているから、そういう起因を作らない」と明かしていたのだ。

長嶋は、自身の態度を「残念ながら、そういうことじゃいけない」と語る。しかし、自身がタレントである以上、暴力を振るったら「(相手が悪くとも)こっちが悪くなっちゃうんだから」と訴えるのだ。長嶋は、トラブルを避けるために「僕は絶対に見て見ぬふりをする」「卑怯かもしれないけど」と明かしていた。

 

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13742138/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です