ビートたけしが40年以上の別居生活を語る 別居中の岡田圭右も「神様!」


スポンサードリンク

3日放送の「おはよう、たけしですみません。」(テレビ東京系)で、ビートたけしが妻との40年以上にのぼる別居生活を語った。

同番組は、たけしが2日から6日まで限定で、自身が気になった話題を語る生放送のプログラム。この日は、ますだおかだ・岡田圭右と爆笑問題・太田光とでトークを繰り広げた。番組冒頭、太田が「お前はカミさんのことはどう…」と、岡田が妻で元芸人の岡田祐佳と別居中という話題を切り出した。

岡田が話題を逸らそうと躍起になっていると、たけしが自身も「カミさんと別居中」だと割って入る。岡田は思わずたけしに「別居の神様!」と手を合わせて笑いを誘った。たけしは「だいたい年期が違うよ!」と続け、岡田に「半年か1年だろ? オレなんか40何年だよ、お前」と披露し、自身の別居期間を明かしたのだった。

「全然違う!」と岡田が驚くと、たけしは「オレは小野田さんより長いんだから」と、第二次世界大戦終結から29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から帰還した故・小野田寛郎さんになぞらえる。

太田も「恥ずかしながら帰ってまいりました」と、終戦から1972年に帰国するまで、グアム島に潜み続けた故・横井庄一さんのセリフを引用してボケる。たけしは「帰ってまいりましたと言ったら『どなた?』って言われた」とボケをかぶせ、さらなる笑いを誘っていた。

 
参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13697027/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です