明石家さんまにスリムクラブ・内間政成が悲痛な訴え「家を買い取ってくれ!」


スポンサードリンク

7日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、スリムクラブ・内間政成が、明石家さんまに悲痛な訴えをした。

番組では、ゲスト向上芸人としてスリムクラブが登場した。ここで内間が、さんまにクレームがあるとし、「さんまよ! 家を買い取ってくれ!」と主張したのだ。内間によると、4年前にさんまの番組企画で、自宅を購入したのだとか。だが、その家が欠陥住宅だったというのだ。

欠陥内容について内間は、「1階部分が断熱材が入ってなくてめちゃ寒い」とする一方、「3階が屋根裏がなくてですね、めっちゃ暑い」のだそう。ちなみに、購入資金はローンの利子を含めて9000万円だったという。

さんまが「あのときやめろと言うたよな」と購入に反対していたと語るも、内間は「だからそうですあの…、買い取ってください」と、再びさんまに訴える。

内間は、欠陥が見つかったことから、現在の住宅価値を6000万円ぐらいだと推測。そこで「だから7000万で!」と買取希望を伝えると、さんまは「おまえ1000万上乗せしたやろ」と断ったのだった。なお内間は現在、家のローンを月20万円ずつ払っており、完済するのに74歳までかかるという。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13721319/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です