藤森慎吾の“丁寧過ぎる”日常に女性陣がドン引き「一緒にいたら疲れちゃう」


スポンサードリンク

26日放送の「NEWアベレージピープル」(日本テレビ系)で、オリエンタルラジオ藤森慎吾の日常に、女性出演者たちがドン引きした。

番組では、最近街でよく見る「新定番な人種」=「NEWアベレージピープル」を徹底取材。この日は、最近突如、Instagramに現れたという「#丁寧な暮らし系サードウェーブ中目尻男子」の生態をVTRで紹介した。

彼らの特徴は、国内ブランドの高級丸メガネをかけ、白シャツを着用し、豆やひき方にこだわる「サードウェーブコーヒー」の店に通う。そのため、「サードウェーブコーヒー」の店が多い、東京の中目黒から池尻大橋近辺の通称「中目尻ゾーン」に彼らは出没するのだとか。

番組が取材した彼らは、こだわったインテリアの部屋を毎日掃除し、常に整理整頓。自宅のズボンプレス機でズボンのシワを取り、シャツのボタンだけを自分好みのものに付け直しカスタマイズするなど、こだわりの丁寧な暮らしをしていた。

VTR終了後、藤森は自身も「まったく一緒の生活してるよ」と話し始める。藤森は家に帰ると「お花の茎を毎日5ミリずつ切ってちゃんと生け直す」と、丁寧な暮らしをしていると明かしたのだ。

藤森の話に、柳原可奈子は眉をひそめ、川田裕美は手で「ない」という仕草を見せる。女性誌「non-no」のモデル・鈴木友菜は「すごい素敵だなとは思うんですけど、一緒にいたら丁寧過ぎて疲れちゃうんじゃないかな」と、やんわり拒否。ここで柳原が「ボタン、どっちでもええやろが!」とVTRの男性にツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

 

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13670252/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です