作家・西村京太郎氏の累計2億部の印税総額…マツコ・デラックスが試算し驚愕


スポンサードリンク

21日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、推理作家西村京太郎氏の、過去作品すべての印税額が試算された。

番組では「本当に実在した西村京太郎」と題して、スタジオに西村氏が登場。司会のナインティナイン・矢部浩之、マツコ・デラックスらと、アウトな暮らしぶりを明かすトークを繰り広げた。

デビューから10年間は、年収500万円程度だったという西村氏。「突然、売れたんですよね。売れだしたら凄いんですよ。500万円がね、1千万円になってね、5千万円になって、1億円になってね、2億円になって、3億円になって…。ずっと上がっていくわけ」と、自身の年収の上昇ぶりを振り返った。

全盛期には年収7億円を達成したという西村氏は、これまで発表した著作数をざっと「590冊くらい」と語る。マツコはため息を漏らしつつ「累計2億部だってよ?」と、発行部数の膨大さにも驚嘆した。

さらに、マツコは「2億部で印税がね、200円だとして…40億(円)。あ、400億(円)!?」「400億なんて想像もできないわ!」と、声を荒げた。

笑顔で話を続ける西村氏が「そんなことないですね。随分、税金で取られましたからね」と、謙遜すると、マツコは「半分くらい取られてるとしたって、200億くらい納税してるのよ! 凄いわよ!」と、驚き続けていた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13646710/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です