ハライチ・岩井勇気が相方・澤部佑に贈った独創的な出産祝い


スポンサードリンク

23日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、ハライチの澤部佑が、相方・岩井勇気から贈られた出産祝いを紹介し、スタジオから悲鳴が上がった。

ハライチがゲストとして出演し、2児の父となった澤部が、岩井からの出産祝いが「変」なのだと明かしていた。そこでスタジオに、実際の出産祝いの贈り物が登場した。

長女へのプレゼントは、岩井手作りの布の人形で、見た目は包帯にまかれたミイラのよう。その異様さに、共演者は「気味悪い!」「なにこれ!?」と声をあげ、スタジオには悲鳴も響く。岩井によると、高校のときに美術を専攻していたこともあり、「ちょっとオブジェ的なものをあげよう」と思ったとか。澤部の子どもは人形を見た瞬間、「泣き死ぬんじゃないか」と思うほど泣いたという。

続けて、次女には絵を贈っていた。だがその作風は、薄暗いタッチで赤ちゃんの手が描かれ、そこに赤系の彩色が足されていた。岩井は暖かみを出すために「暖色系の色」を入れたそうだが、澤部は「赤ちゃんの手があることによって、血というか…」と、怖さが演出されたと指摘。澤部は、胸に手を当て「ここ(心)がおかしいんだよ!」とツッコんでいた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13653194/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です