カンニング竹山 テレビ画面に表示されるTwitterコメントに疑問「ありきたりなことばかり」


スポンサードリンク

4日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、カンニング竹山が、テレビ番組で表示するTwitterコメントに厳しい指摘を投げかけた。

番組では、吉田明世アナウンサーが夏休みのため、ピンチヒッターとして古谷有美アナウンサーが初出演。オープニングで竹山は「あんまりテレビでも言わないことを放送に堪えられる範囲」でマイクにぶつければ、リスナーがすぐに反応してくれると伝えた。古谷アナは「やっぱり、すぐ反応をもらえる(ラジオの)生放送って良いですよね」と返す。

ここで竹山は、テレビの生放送に対し、疑問を投げかける。テレビ番組の画面下部に流れるTwitterコメントについて、竹山は「本当に厳しいやつとか、結構オンエアしてくれない」「めちゃくちゃなこと言ったらさ、テレビの野郎が選んで載せないワケでさ。いっつもさ、ありきたりなことばっかり書いてある」と苦言を呈したのだ。本音爆発の竹山には古谷アナも「なんか冒頭からすごいですね」と困惑した様子を見せていた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13571508/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です