ヒロミ アスリートを甘やかす物言い「この人から○○を取ったら何もない」に異論


スポンサードリンク

22日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、お笑いタレントのヒロミが、アスリートを甘やかす物言いに異論を唱えた。

番組では、世界選手権で入賞経験のあるマラソンランナー・原裕美子容疑者が17日、窃盗の疑いで逮捕された事件を話題にした。かつて、原容疑者を指導した小出義雄氏は「(現役時代は)一生懸命練習していた。サボらず本当にクソ真面目だった」と評し、驚きを隠せない様子だという。

司会の坂上忍からコメントを求められたヒロミは、アスリートについて「『この人から走りを取ったら何もなくなっちゃう』って言い方するじゃん。俺、この言い方がよくないと思う」と切り出す。ヒロミは「そのひと言でアスリートを甘やかすというか」「そんなわけないって。何でも出来るし、何でもやってけるって!」「周りのこういう見方がよくないと思う」と語り、アスリートへの「これを取ったら何もない」という評価に異論を投げかけていた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13505103/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です