紗栄子への揶揄におおたわ史絵氏が痛烈「誰にだってできることじゃない」


スポンサードリンク

16日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、内科医で作家のおおたわ史絵氏が、タレント・紗栄子への「揶揄」を擁護した。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで、「代表作は『ダルとのデキ婚』の紗栄子スタイル」と題した日刊ゲンダイの記事を取り上げた。

記事では、女優としての代表作はなく、「ダルビッシュ有とのデキ婚が代表作」と揶揄されている紗栄子について、ダルビッシュ有との離婚後の活動など、その生き様を伝えている。

この記事について、番組MCのふかわりょうからコメントを求められた、女優の鈴木砂羽は、紗栄子との共演経験があると前置きしたうえで「スゴく美貌をお持ちで、スゴく頭の良い方」「(肩書きとして)女優って言わなくても、スーパー商人じゃないかなと思って」「ビジネスセンスがスゴい方」と紗栄子を絶賛。

さらに鈴木は「お金に愛されてる女性」「紗栄子っていうブランドが立ち上がってるだけで、素晴らしいなと思う」と紗栄子の人物像を語った。

一方、おおたわ氏は、ダルビッシュ有とのデキ婚について「羨ましい話ですよ。誰にだってできることじゃないですから」と称賛。「素晴らしい代表作だし、胸を張っていいですよ」「悔しかったらみんな、おやりになったらいいわ、できないから」とまくし立てるおおたわ氏に、ふかわは「ちょいちょいムキになりますね」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13481865/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です