坂上忍 自民党幹事長・二階俊博氏のマスコミ批判に「空気が読めてない」


スポンサードリンク

27日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、 司会の坂上忍が、自民党幹事長・二階俊博氏の発言を批判した。

番組では「『東北でよかった』今村復興相“更迭”」と題し、東日本大震災に対しての不用意な失言が原因で、事実上の更迭となった前復興相・今村雅弘氏をめぐる一連の騒動を特集した。番組では、この不祥事に対しての意見を与野党の議員に取材したVTRを紹介していた。

その中で二階氏は、マスコミの姿勢について「マスコミが余すところなくきっちり記録を取って、その中で一行でも悪いところがあったら『これはけしからん』『首を取れ』」「なんちゅうことですか」と報道のあり方に苦言を呈していた。その後「発言した本人の資質の問題だ」と自らの発言を補足してはいたものの、ネットを中心に「マスコミ批判」「言論統制」と波紋が広がっている。

スタジオの坂上は「僕ね。二階さんって昔から好きな政治家さんのおひとりではあったんですよ」と言い、同氏の提唱した党内融和やまとめる能力は認めているという。だが、今回の発言については「ちょっと空気が読めていないと感じざるを得ない」と批判した。

さらに坂上は、昨今の記者には政治家をあえて怒らせて揚げ足を取る風潮があると指摘しつつも「でも、言うても大臣ですよ!」と声を荒げる。そして「大臣レベルになったら国内だけじゃなくて、世界への発信力があると思うぐらいじゃないと務まらないと思う」と持論を展開し、「なんでこんなことを、二階さん言われたんですかね」と疑問を呈していた。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/12992280/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です