カンニング竹山が嵐・大野智をめぐる炎上騒動を語る「過激に歪曲されていく」


スポンサードリンク

24日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、カンニング竹山が、嵐・大野智をめぐる自身の炎上騒動について語った。

番組ではネットによる炎上が話題となり、竹山は今月19日に生放送された「業界激震1?マジガチランキング#3」(AbemaTV)での出来事を語った。25日配信の東スポWeb記事によると、同番組での「10代の男女672人に聞いた マジで歌が上手いと思うミュージシャンランキング」で、第1位が大野であることに竹山が不満を抱き「全然納得いかない」などのコメントが炎上に繋がったとのことだ。

実際に番組を確認してみると、竹山は、大野のソロでの歌声を聴いたことがないとし、ランキング1位に驚いているようだった。ただ一方で、コーナーの最後には「プロとしてやっているわけですから、よくよく考えたらみんな上手いよね」と大野を含めランキング入りした歌手全体についてフォローも入れた。

竹山は「たまむすび」で、今回の騒動について「ランキングを否定した」ことがまるで「大野を批判した」ととられて注目を浴びてしまった、と分析してみせる。

その上で竹山は「(情報が)じょじょにすり替わっていく」「どんどん過激に歪曲されていく」と今回の騒動を振り返り、若い世代による炎上の拡散は収拾が収まりにくいとの印象も語っていた。

ちなみに、竹山は大野と面識があり「一緒に飲みに行く仲」とのことだ。

参考元:livedoorニュース

参照URL:http://news.livedoor.com/article/detail/12982221/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です